conceptformmaterialfactorycare
care

モノクラフトの家具は、すべてドイツリボス社の自然塗料を使った、オイルで仕上げられています。メープルやホワイトアッシュなどの白木はワックスのみで仕上げることもあります。木材に浸透したオイルは木目をしっとりと浮き立たせ、塗膜をほとんどつくらないため、木本来の質感や手触りを感じることができます。繊維に浸透し硬化したオイルははがれることなく、時間を経た後に再度塗装するのも簡単です。オイルにはある程度の撥水性はあるものの、水、熱、アルコールや薬品には弱いので、特に化粧品や家庭用の液体クリーナーなどが木部につかないように注意が必要です。

日々のお手入れ

濡れた雑巾は使わずに、乾いた雑巾でからぶきをします。長時間水にさらされると、木は水分を吸収して表面がざらついてきます。気が向いた時にワックスを塗り込んで手入れをします。ワックスはリボス社グレイボ(GLEIVO)がおすすめです。

1. 木の表面を十分に乾燥させて埃や塵をとりのぞく。
2. 布(ウエス)でワックスを木目に沿って薄く均一に塗り込む。
3. 乾燥させる。12〜24時間。
4. ウエスで磨く。

たまのお手入れ

ついてしまったシミや汚れをどうしてもとりのぞきたい場合や、全体をもう一度仕上げ直したい場合は、紙ヤスリでよごれを削りとった後、オイルワックスを塗り込みます。汚れのある部分だけを削らずに、なるべく広い範囲を薄く削ると補修の跡が目立たなくなり、くたびれ方も自然になります。オイルワックスはリボス社ビボス(BIVOS)がおすすめです。

1. 木の表面を十分に乾燥させて埃や塵をとりのぞく。
2. 紙ヤスリで汚れを落とし、全体に軽くヤスリをかける。(240番)
3. オイルワックスを刷毛や布(ウエス)で塗リこむ。
4. 20分後に乾いたウエスで表面に残ったオイルを拭き取る。
5. 24時間乾燥させる。

使用したウエスは自然発火の危険があるので、水に浸すか、密閉した缶に収納して処理してください。